BANANASTAR.JP



work
GIRLS BAND HUSBAND
・第7回TAMA NEW WAVEコンペディション出品
・完成披露試写会 (池ノ上シネマボカン)
・上映&ライブイベント『GIRLS BAND HUSBAND FES.』 (六本木スーパーデラックス)
youtube.comで見る。


出演:中村梨香 前川あや子 木下亮子 瀬谷幸代 今井康裕 マイケル・M・金子
プロデューサー:吉村和夫  撮影・照明・録音:岩崎正矩  撮影:芳賀大輔 白石太志  スタイリスト:SAYAKA  音楽:Michael Jane Fox  エンディングテーマ:「MJFのテーマ」 Michael Jane Fox
共同脚本:中村梨香 前川あや子 木下亮子 瀬谷幸代 今井康裕 マイケル・M・金子
撮影協力:FLIP SOUND  機材協力:Y.D.S  ポストプロダクション:東金町Planet
スペシャルサンクス:長嶋秀明(FLIP SOUND) Meibi 和カフェyusoshi LUMINE SHINJYUKU CAFE AMATI アリオ亀有武蔵野茶房 トヨタレンタリース金町店 アップルコンピューター
監督・脚本・編集・原案:芳賀大輔+白石太志  企画・制作:Bananastar


両A面シングルCDよろしくダブルタイトルのロック映画が完成!!
新鋭映像レーベル・Bananastarのロックを体感しろ!!
'05年、全編即興芝居で構成した映画「約束」を企画・制作した新進気鋭の映像レーベルBananastarが、その空気感、ディティール感をさらに追求したのが、本作『GIRLS BAND HUSBAND』である。

商業映画やTVドラマetc.では成立し得ない『映像』としての可能性を、Bananastarの”観たかったモノ”を基準として映像化した。監督と原案(その他諸々)を担当するのは、自称・映画界のLennon-McCartneyことBananastarが誇るダブルディレクター芳賀大輔+白石太志。そして今回、撮影・照明(その他諸々)の技術面をサポートするのは、商業映画の世界で撮影助手として活躍したキャメラマン・岩崎正矩がBananastarの現場に初参戦し、本編のROCK&ROLLなトーンを作り出した。

キャストには、前作『約束』同様、インターネットでの募集をかけ、各1時間以上に及ぶの個人面接により厳選された面々(他1名)。芝居経験を重要視せず、Bananastarが対話のなかでリアルに体験したインスピレーションに重点を置いたキャスティングが、この映画にどのような化学反応をもたらしたのかは、実際に本編を観て感じていただきたい。

全編、即興芝居で展開するシリアスかつユーモラスな絶妙な臨場感。夢だとか、現実だとか、過去だとか、未来だとか、現在だとか、下心だとか、真心だとかetc.そんな日常の中で誰もが抱えている事柄が凝縮されている空気感。そんな、「哀愁」と「笑い」と「ロック」とが、同時多発に展開する新感覚の映画。それが、『GIRLS BAND HUSBAND』である!『NANA』、『リンダリンダリンダ』、『東京フレンズ』といった、「ガールズバンド」をテーマにした既成映画ではまったく体験することの出来なかった、最高にリアルで、バツグンに沁みる感覚の連続が、本当の意味での「ロック」とは何なのかを教えてくれるハズ!!

テキスト=吉村和夫 Text by KAZUO YOSHIMURA


大手レコードレーベルから契約の誘いもある売出し中のガールズバンド「Michael Jane Fox」。
ボーカル・Rika(中村梨香)から大事な話があると言われ、某練習スタジオに召集されたバンドのリーダーでありリードギター・Aya(前川あや子)、ベース・Akko(木下亮子)、ドラム・Yuki(瀬谷幸代)のほかのメンバー3名。
話によると結婚のため活動を辞めたいと言うが・・・。

突然のことに引き止める他のメンバーたち。
4人の中になんともいえない空気が漂う中、スタジオ内に男が入ってくる。
入ってきた男は、悟りを開くため左足1本で立ち続ける修行をしている”悟りの男(マイケル・M・金子)”で、Rikaの婚約者であった。

一人の”悟りの男”に「本当のロック」を見て、バンド脱退を決意したRikaと、
それをなにがなんでも引き止めたい「Michael Jane Fox」メンバー他3人。
そして、左足で立ち続ける“悟りの男”。
なんとも形容しがたい不穏な空気の漂う空間となった¥3,000円/hの練習スタジオにて、
またひとつのロック伝説が生まれる!?


中村梨香(Rika 役)



前川あや子(Aya 役)
1983年3月31日生まれ。A型。東京都出身。
芝居経験は多く無いものの、その落ち着いた雰囲気と、唐突で重いセリフ(回し)で、芝居経験を超越した好演を果たしている。その「Michael Jane Fox」ギタリスト兼リーダー・AYAのキャラクターは、本編の空気感、方向性を決定づける重要な要素になっている。
木下亮子(Akko 役)
1981年3月25日生まれ。A型。大阪府出身。
幼少期より「演じる」ことに魅力を見出し、現在まで数本の自主映画に出演。持ち前の「明るさ」と「自然体」と「アネゴ肌」で、作中バンド「Michael Jane Fox」は勿論のこと、作品全体のムードメイカーとして、まさに音楽で言うところのベーシストさながらの役割を果たす。
瀬谷幸代(Yuki 役)
1982年4月7日生まれ。O型。埼玉県出身。
TV、CM、映画、モデルetc.で活躍中。幼少期に単身渡米し、言葉の通じない外国人と共同生活をしたという経歴をもち、英語とフランス語etc.が堪能。そんな一面と、そのルックスや声からは想像のつかない、毒の効いたセリフやリアクションは絶妙の一言。
今井康裕(イマイ 役)
数々の自主映画出演を経て、現在は芸能事務所に所属しプロの現場で活躍。映画、ドラマ、PV、Vシネマ、CMなど幅広いジャンルで活躍する。活動振りをプロの現場に移してもBananastarの作品となれば一目散に駆け付けるBananastarと繋がり深い俳優。
マイケル・M・金子(マイケル 役)
19××年1月27日生まれ。AB型。東京都出身。
ラジオのDJから雑誌の連載、ウッドストックのインタビューアーetc.まで、多方面に渡る仕事をこなす。英語を自在に操り、尋常ではないコミュニケーション能力と、プレゼンテーション能力を持つ。50歳を目前にし、映画俳優業にも進出。